搬送位置決め精度の向上 | スチールベルトのディムコ
問題解決から探す

搬送位置決め精度の向上

精密位置決め、搬送位置決め精度でお困りの方

《高速間欠駆動、組立・検査装置》

搬送スチールベルト(DPタイプ)

特徴

  • スチールベルトは剛性が高く伸びがほとんどないため、高い位置決め精度と高応答性が持ち味。バッチ処理から連続組立・検査搬送
  • わずかなスペースでさまざまな工程が可能な高付加価値搬送を実現
  • ベルトの上面で送りピッチ毎に加工(マーキング、カッティング、検査等)が可能
  • 装置の小型軽量化、省スペース、低騒音 、コストダウンの実現に
  • 各加工作業がベルト平面上ででき、装置の設計が容易
  • 無給油で長寿命

 

用途

[間欠位置決め搬送](動画)

組立装置、検査装置の高速・高精度間欠駆動にスチールベルトコンベヤの高速・高精度間欠位置決めの動きを動画でご紹介

再生ボタン カバーなし/mpeg (1564KB)

右クリックをして「対象をファイルに保存」を選び、ダウンロードしてもご覧いただけます。

スチールベルトによる高精度ドライブシステムの図

高精度ドライブシステムのイメージ

 

製品

スチールベルトベースマシン写真
スチールベルトベースマシン
ベースマシン・コアパーツのスチールベルトとスプロケット写真
ベースマシン・コアパーツの
スチールベルトとスプロケット
位置決めスチールベルトコンベヤ写真
位置決めスチールベルトコンベヤ
精密位置決めタクトドライブコンベヤ写真
精密位置決めタクトドライブコンベヤ